ホームページ制作会社の新たな手法?

あけましておめでとうございます

 

すでに、13日が過ぎてしまいました。 

日本はとても予想がつかないほどの

状態に追い込まれて

再度の緊急事態宣言が発出されています。

 

コロナウィルスはとどまることろを知らず

全国に蔓延しています。

 

大都市県だけに限定するのではなく、

1回目のように全国一斉にしないと

効果はないと思います。

 

また、次から次へと地方に広がっていきます。

 

そんな中、夕方になって一本の電話がかかってきました。

 

対応しました。

 

「福利厚生の一環で相続をした空き家を

持っている社員とその家族について

相談ってお受けできますか?」

 

そこから、延々と相続の話やら

「御社のホームページが

相続や空き家について

特化したらもっと集客ができる」

福利厚生に参画している会社

1万5千社あるそうです。

 

「それで、問い合わせの社員とは

直接取引をしてもらっても結構です。」

 

「件数については確実なことは言えませんが

集客に関しては

当社が社員専用のホームページを作りますので

問題ありません。」

 

「当社は手数料を頂きませんが

相談窓口のホームページを作ったり

管理を行いますので

入会費:5万円

月々:4万円

こちらで、いかがでしょうか?」

 

このような話でした。

 

不動産業にとっては

直接、エンドユーザーとつながることは

非常に重要な課題です。

 

手数料をほぼ確定するようなものです。

 

そこに目を付けて

ホームページ作成管理を

空き家・相続問題・福利厚生をからませて

取り込もうという魂胆です。

 

話の中で

「家族信託」についても話を相手にしたのですが

ほとんど理解していないようでした。

 

お話をお断りしました。

 

「大変勉強になりました」

と、最後の言葉でした。

 

 

相手が相続問題を持ち出したのに

私から「家族信託」を持ち出されて

知らなかったことで

「勉強になりました?」

と、本音が出たのでしょう。

 

次回は、「家族信託」について

どういう仕組みか見ていきます。

民法改正に伴って売買契約の内容が変わりました。

soraraさんによる写真ACからの写真

不動産の売買契約書の内容

これまでの不動産の売買契約書では

「瑕疵担保責任」といいう記載がありました。

この記載が

「契約不適合責任」という表記になります。

 

法律用語は難しいですね。

 

旧民法における不動産の売買契約書

旧民法では不動産は取替の利かない「特定物」であり

「隠れた瑕疵(欠陥)」があっても

売主は補修しなくても現況で引き渡せば

引渡し債務を果たしたとみられ

債務不履行責任は負いませんでした。

 

それでは、代金を支払う買主と不公平が生じるとして

債務不履行責任とは別に

「瑕疵担保責任」という制度を作って

1.買主に損害賠償請求

2.買主に契約解除

の救済手段を与えていました。

 

改正民法による変更箇所

改正民法では

不動産のような特定物の売買契約であっても

売主は

1.物件を単に現況で引渡す

に加えて

2.「契約の内容に適合した物件」

を引き渡すという契約上の債務を負う

と、言う考え方を前提に、

物件に欠陥があれば、売主は債務不履行責任を負う

というように改めました。

 

つまり、売買契約によって、

買主に引き渡された目的物が

「種類、品質、又は数量に関して契約の内容に適合しないもの」

であるとき、買主は売主に対し

契約に基づく本来の債務の内容として

①修補などの追完請求

②代金減額請求

をすることが認められるとともに

売主は「契約内容に適合しないものもの」を

引き渡しても、債務の履行をしたことにはならず

買主は民法の債務不履行責任の一般原則通り

③損害賠償請求

契約解除

を求めることができるとされました。

 

改正民法による適用について

この内容は宅建業者が売主の場合であり、

一般売主の場合は

売主に厳しい規定になりますから

旧民法の規律を一部継続しています。

買主を保護しようとする動きは

これからも強くなると思います。

 

8月4日(火)コロナウイルス

もう?

すでに8月に入りましたね。

長いコロナウイルスとの戦いは
収束の気配を見せたのに

GO TOキャンペーンで
全国におすそ分けが始まりました。

安倍さんは誰に遠慮しているのか?

経済との両立を図る覚悟で
その間の感染者には
軽傷だからと言って
配慮はありません。

いろんな人が
声を揃えて緊急事態宣言をだすか
特措法の変更をするべく国会を開けと言っても
聞く耳持ちません。

これまでは支持してきましたが
安倍さんは何かにとりつかれたような様子です。

もう、歴代最長の記録はあなたのものですから
誰も奪うことはできませんので

そろそろ、後進に道を譲ってください。

あなたしかいないわけではありません。

総理大臣になりたい人は
片手では足りません。

今の内閣を支えているふりをして
虎視眈々とその座を狙っている

タヌキやキツネは
歯がゆくくてたまらないでしょうね。

巷にはコロナウイルスは
インフルエンザよりも毒性が低いから
経済優先で大丈夫という人がいます。

また、東京の医師会会長は
このままでは大変な結果になる、と
警鐘をならしています。

庶民にはどっちが正しいのか?
判断する材料もなくて
感染者数の増減に振り回されています。

あと1カ月もすれば
ウイルスの活発になる秋から冬を迎えます。

それなのに

手洗い、うがいと消毒
三密を避けることのみ

なんだか「ヤクルト」の宣伝の歌のようです。

「手洗い、うがい、ヤクルト」

皆さんも、一緒に

「手洗い、うがい、ヤクルト」

では、本日のコメントはココまでとします。

ありがとうございました。

 

住宅購入前の不安!?

住宅購入は新築・中古問わず、普通の人の人生において
何回もできないほどの大きな買い物です。

住宅ローンを利用するにとしても、まず借りられるだろうか?
どれだけ借りれるのだろうか?
月々の返済はいくらになるのだろうか?

考えれば考えるほど、心配になることでしょう。

まず不安になることについて考えていきましょう。

・住宅ローンは、長期にわたって返済しなければなりません。

最長で35年ですが、中には50年まで可能な融資もあります。

10年先でも読めないというのですから、夢のようなことになりそうですね。

不安の原因はそこにあるのだと思います。

結婚であっても、極端な成田離婚は別として
銀婚式、金婚式を迎えられれる夫婦のままで
いられるかどうかさえ、不透明な時代です。

なるべくなら、不測の事態を想定しないとしても
最長で35年、若しくは60歳で返済が終わることを
考えたいですね。

60歳になると現状では定年、若しくは雇止めなどがあるので
年金がもらえる65歳までの間、収入は不安定になります。

働いていられる60歳までで返済を済ませるとすれば
60-35=25

25歳で住宅購入する。

これは、若いので年収が少ないと思えるので
難しい問題です。

逆に35歳で25年返済が可能であれば、
現実的かもしれません。
60-35=25

・長期安定して返済ができるか?

リーマンショックや今回のコロナウィルスの影響があれば、
企業の経営も存続は厳しさを増していくでしょう。

当然、そのしわ寄せは弱者と呼ばれる派遣労働者に
向かいます。

次には非正規雇用、正規雇用者と容赦なく
首切りの魔の手は伸びてくると思われます。

その時、あなたはどうしますか?

方法は3つあると思います。

1つは、なるべく長期に住宅ローンを組んで、月々の返済を
抑えて、収入の残りは貯金や安定した投資をする。
投資と言ってもFXや株式など、リスクが多いものはやめましよう。

2つ目は返済期間を減らして、早期に支払いを終わらせる努力をする。限度額いっぱいで借りることがいいのかは判断が分かれるところですが、




・35年と長期なことから、今回のような未曾有の事態があると
 果たして返済ができていくだろうか?

・自分の給料は果たして、最後まで変わらないだろうか?

・子どもが大きくなっていけば、高校、大学、結婚など
 費用がかかる。

・ローンで買った車や太陽光発電やエコキュートなどの
 メンテナンスに必要な費用がどのくらいかかるのだろうか?

・夫婦合算で住宅ローンを組む予定だけど、子どもができたら
 奥さんは働けなっちゃう。自分の収入で大丈夫だろうか?

今日の気づき4月18日(土)

餅は餅屋!

我が家の玄関の鍵が時々、空回りをして

施錠できない時があったので

シリンダー交換をしようと取り組みました。

昔、賃貸物件を管理していた時

何度も交換していたので

何とかなると安易に考えていました。

実際、やってみると過去に交換したタイプと違い

少し、焦っていたようです。

シリンダーを外すところまではできたのですが、

うっかり、扉から手を放したら

ドアクローザーの力でしまってしまいました。

私は外側にいましたので

隙間に薄いプラスチックの板を差し込んでみました。

何度も繰り返しましたが びくともしません。

仕方なく、インターネットから業者を選んで

電話をかけて”SOS”

1時間後に駆けつけてもらいました。

鍵屋さんは試行錯誤の上、

内側に回って、薄い鉄板のようなものを

隙間に差し込んだと思ったら

あっという間にドアは空いてしまいました。

その後、シリンダー交換をしてもらって

無事に終了しました。

昔取った杵柄!

結局、高いものについてしまいました。

やっぱり、餅は餅屋です。

次からは、時間とお金の節約のために

最初からプロにお願いすることとします。

今日の気づき(4月17日金)

令和2年4月17日(金)

来週土日予定のオープンハウスのチラシを

鹿児島市に持ち込みました。

昨日、緊急事態宣言のエリアを

全国に広げるとの報道があり、

どうしたものかと思っています。

不要不急の外出は自粛するようになると

営業活動自体が出来なくなるのでしょうか?

今の時点では、曖昧で確定していません。

とりあえず、時間が間に合わなくなるので

今回だけは、対策を取ったうえで

実施してみようと思います。

後は県や市の要請があるかどうかを

見守りたいと思います。

私の考えでは、

経済対策としていた、

布マスクを世帯に2枚配布することや

収入が半減した世帯に30万円の給付が

国民に分かりずらい、何で布?と

不評でした。

そこへ公明党の強力な要求もあって

全国一律に10万円給付という案が浮上しました。

エリアにおいて感染者の数はバラバラですし、

県単位で考えれば、

1人や数名の感染者しか出ていない県の住民にも

「コロナ対策」という事で

10万円もの給付を行う事の整合性が

取れないと判断したのではと思います。

だから、整合性を取るために

全国に緊急事態宣言を広げたと見ています。

これでやっと、世界並な対策になったかと思います。

今日の気づき(4月15日)

姶良市で不動産を開業して14年なります。

独立は、初めてのことで右も左もわからない中で

とりあえず、インタネットの時代が来る!

そんな予感から、ホームページを作り始めました。

教習本を片手にコンピューターを

にらめっこしながら作っていました。

それまで、ホームページビルダーというソフトで作っていました。

ビルダーは会社概要のように固定したページを作るのにはにあいます。

しかし、不動産のように一日一日、

情報が変化するものには、手間がかかります。

現在もホームページビルダーのサイトを自作しています。

ホームページはワードプレスと呼ばれるもので作られるものが、

世界でも主流になってきています。

こちらは、事務所からだけでなくインターネット接続が

できる環境にあれば、どこからでも

ホームページを呼び出して修正したりすることができます。

30年前、ワープロ(死語に近いですが・・)で

タイピング練習をしていたころは、

インターネットと言えば

文字送信だけの時代でした。

時代の流れの速さを驚くばかりです。

数キログラムもした携帯電話も

小さなスマホに代わっています。

パソコンやスマホで画像や動画は当たり前ですし、

生活家電の遠隔操作もできるようになりました。

そんな時代に、

遅れないようにしなければと思いつつも、

取り残された感じがするのは私だけでしょうか?

未曾有の「新型コロナウィルス」なる物が

全世界を席捲しようとしています。

コロナウィルスはある意味、

私たちに大都市の一極集中を戒め

地方での生活のあり方を示しているのかもしれません。

罹患されたり、犠牲になられた方の

ご冥福をお祈りいたします。

日本は対応が遅いと言われながらも

日本より遅く感染が報道されいた欧米よりも

危機的状況は免れています。

今後も、あれやこれや日記のつもりで

書いていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。